ファッション

革靴でかかとが浮く際の対策と原因インソールで解決できる⁉

目安時間 7分

革靴を履くと、かかとが浮くことありませんか?

たしかに見ていても、歩きながら踏み込んだ時に靴下が後ろから見えることありますもんね!

これは革靴が自分の足にあっていないためかかとが浮くようになってしまっているのです。

一口でかかとが浮くといっても、原因はさまざまな側面から考えられるのです。

 

本当は買いなおしをしたいけど、革靴は一足買うのに値段もそこそこするし、お気に入りだったら履きたいですよね。

 

今回の記事では革靴に関して

・革靴でかかとが浮くときの解決法

・かかとが浮く原因

・靴ずれ対策

などを詳しくご紹介していきますね!

 

革靴でかかとが浮く時の解決策

 

革靴でかかとが浮いてしまうのは、あとで原因をお伝えしますが、本当はちゃんと合ったものを買いなおすに越したことはありません。

・・・が今のも大事だし、まだ履きたいので、今度買う時からはかかとが浮かないようにしっかり原因をつぶすとして今回は今の靴で対処する方法を紹介します。

 

少しかかとのサイズが大きいくらいなら、かかと専用のパッドを購入して使ってみてください!

 

革靴のかかとは履いているうち広がってくるので、買ったときよりも緩くなるのは仕方がありません。

靴の修理屋で、かかとの部分に革を当てて縫ってもらうことができます。その充て革のおかげでフィットしてきます。

 

また靴の底が固いために曲がりにくいためかかとが浮くのも考えられるのです。これは新しい靴に見られるものですので、ちょっと履きつぶしてみましょう。

 

もちろんこの対処も全部OKなのですが、本当の原因をしって今度から購入するものを考えてみて欲しいのです。

 

 

かかとが浮く原因

 

かかとが浮く原因はさまざまあるんです。

代表的なもので、

①靴が足に合っていない

②正しく靴を履けていない

③足の形が特徴的

④靴の形状や素材

 

こういうものが原因でかかとが浮くことが考えられます。

もうちょっと詳細を見ていきましょう。

 

 

①靴が足に合っていない

実際の足のサイズより大きいサイズの靴を履いていると、歩いている時に靴のかかとが浮いてしまいます。

 

そして日本人は大き目を選びやすい傾向にあるらしいですよ!

私も確かに買う時にピッタリより0.5大き目にする傾向にあるかも!
余裕をもって履きたいと思ってしまいます・・・。

 

特に地面を蹴り出す時は、かかとが上がる状態になるため浮きやすくなると言われます。

 

 

②正しく靴を履けていない

つま先をトントンと地面に当てて靴を履いたり、くつべらを使って履いている場合などかかとにが靴に固定されずに浮いてしまう傾向にありますよ。

 

 

靴紐を緩めずに着脱するのもただ敷く履けていない履き方です。

いちいち履く時にヒモをはずして結びなおして・・としている人は少ないでしょうね。

 

だから楽ちんな感じでそのまま履いて、その流れでつま先トントンするんですよね・・。

これは正しく履けていない状況です。

 

 

 

③足の形が特徴的

特にかかとが細いという特徴がある場合、かかとがどうしても靴の形状とフィットしないためサイズが合っていても浮いてしまいます。

 

また、左右の足の形が違うこともあります。

左右で足のサイズが1cm以上違うということも!私も0.5違いますね。

 

 

④靴の形状や素材

・かかとが浅い靴

・靴紐やベルトがついていない靴

・ハイヒール

・パンプス

・サンダル

・靴のかかと部分に滑りやすい素材が使われている

 

靴の形や形状によってかかとが浮く場合もありますよね。

 

今デザイン性が高い靴もけっこうあり、その素材やデザインのせいで逆にかかとが浮きやすくなる商品があるということなんですよ。

 

 

かかとが浮くと靴擦れになる可能性もある

 

かかとが浮くのは、見た目にも良くないのもありますし、不安定だということも不便です。

 

その上さらに、靴連れになる可能性があります。

 

特に革靴なら想像しただけで、かかとがブカブカ浮いていると靴擦れするのがわかりますよね?

 

上下するたび、フィットしていないから動いてしまうので、かかとの靴の堅い部分に何度も擦れるわけです。

 

こすれると革靴の時は比較的薄い靴下を履いているので、靴擦れしやすくなりますよね。

 

靴擦れ対策もインソールで対応可能

 

靴擦れしそうな気配を感じたら、やはりインソールで対応可能です。

 

かかとにクッション的なものを入れるので、靴から自分の足が上下しなくなります。

そうすると靴擦れも起きないので大丈夫です。

 

やはり靴、特に革靴はフィット感が大事です。

 

 

まとめ

革靴でかかとが浮くのは、本当は最初から自分にあっていない靴を選んでしまっているからなんです。

 

でも、とりあえずの対処としては、インソールやかかとのクッションをいれて足と革靴をフィットさせることです。

楽天で人気のインソールを探す
この対処で、かかとが浮くことがなくなりますので、そうなると靴擦れも起こさないでしょう。

 

ただ、今度から買う時は、本当に綿密に自分の左右の足それぞれのサイズをしっかり専門的に測定してもらうことをお勧めします。