生活

シックスパッドは体に悪い?正しい使い方をしないと意味がない?

目安時間 7分

シックスパッドは最初に販売されたころ、衝撃でしたよね!

 

運動しなくても運動しているからだにしてくれると言うなんと画期的な商品化と思って感動しました!

 

説明も理にかなっているし効果もありそうですが、高い・・・。

 

でも高いというのは、効果があるからだろうと思います。

 

人気が高すぎて類似品などもかなり出回ってしまっている現状です。

 

でもシックスパッドも使い方を誤れば効果も出ないし、危険なことも起こり得ます。

 

 

今回の記事ではシックスパッドに関して

・シックスパッドは使いすぎると体に悪いのか?

・シックスパッドの正しい使い方

・シックスパッドで効果の出る方法

などをくわしくご紹介していきます。

 

 

シックスパッドは使い過ぎると体に悪い?

 

シックスパッドは、ご存じのように、電気の刺激によって筋肉を刺激するものですよね。

 

電気刺激が強すぎた場合筋肉を傷めたりすることがあるので、適度な強度に設定をするようにしないと体に害を与える可能性があります。

 

そのため、安全のために付属のジェルシートを使います。このジェルシートは消耗品なのですが、これをケチってしまうと電気の電動率が下がり、電気刺激で火傷をする危険性があるのです。

 

ジェルシートの類似品もかなり出回っていて安いのでついついそっちに手を出してしまうと危険だったりするのです。

 

 

そして使用頻度ですが、シックスパッドは「同じ箇所への使用は1日1回まで」という使用制限があるので、使い方を守らないと使用後に痛みが出たりします。

 

ようするに使用方法をしっかりと守ることが大事ということですよね。

 

模倣品にあたったという口コミも多く、実際に使用してみて「あまりにも痛みが強い」「電池のもちがおかしい」などといった声があるように、体に害があることもあるのです。

 

このような模倣品を購入しないためにも、メーカー公式の販売場所で購入することをおすすめします。

 

海外ではシックスパッドの使用によって大きなけがになった事例もあります。

 

イスラエルでは、横紋筋融解症と呼ばれる筋肉の細胞が解けてしまう疾患を発症した可能性があり、2016年1月から医師の許可無しで使用が全面禁止になっているそうです。

 

ですので、正規品を使うこと、使用方法を守ることが必須だということです。

 

 

シックスパッドは正しく使わないと効果がなく意味もない

 

 

さらにシックスパッドは正しく使わないと効果も薄れます。

 

痩せるという定義も最終確認ですが体重を減らしたいのか、体を引き締めたいのかでは全然結果も違いますからね。

 

一番お腹をへこますには食事制限が一番効きますし、有酸素運動も脂肪の燃焼には効果が高いです。

 

シックスパッドでインナーマッスルは鍛えられているのは分かりますがぽっこりお腹を改善するにはそのまわりの脂肪をなくす必要があるのですがこれはシックスパッドでは不可能。

 

シックスパッドだけやって劇的に痩せるというのは確かに過剰な表現になるので、インナーマッスルを鍛えて痩せやすくなるために使うということがまず大前提です。

 

併せて、シックスパッドのジェルシートがありますよね?

 

他の会社から販売されているジェルシートが使える場合がありますが、、純正のジェルシートを使う事を前提に作られていますから、他のジェルパッドを使っていると効果が落ちてしまう可能性があるのです。

 

純正品よりも安いからといって、他のジェルパッドを使用するのは安全性と効果の有無を考えても避けたほうが良いと思います。

 

 シックスパッドの使い方

 

シックスパッドの使い方です。

 

①まず身体についている汗などの水気をふき取る

 

②肋骨のしたらへんから合わせて腰骨までぐらいに貼るの

 

③ジェルシートを肌に密着させて貼り付ける

 

④レベルを選ぶんですが20段階うちの耐えれるところをまず選ぶ。

 

⑤トレーニングは1日1回、毎日行うことがおすすめです。 1回のプログラムは23分間を守る。

 

⑥負荷のレベルを調整

使用しながら、自分に合った負荷を選ぶようにして下さい。

 

さらに専用アプリがありますので使えばより便利になってくると思いますよ。

 

 

 

シックスパッドには脂肪燃焼が無いから痩せない

 

前述もしましたが、シックスパッドだけで痩せるというのはちょっと過大表現なのではないかと思います

 

一般的に腹筋と呼ばれるものは体脂肪率と大きく関わっていて、お腹の皮下脂肪が薄くならなければどんなに鍛えてもバッキバキに見えることありません。

 

腹直筋、腹斜筋を鍛えても体脂肪率を落とさなければ、見た目の変化は大きく期待できないということです。

 

ですので、有酸素運動を並行して行う、少しの食事制限を行うなど、一つに頼らずいくつか並行して行うことをお勧めします。

 

シックスパッドは体に悪い?正しい使い方をしないと意味がないのまとめ

シックスパッドは正規品でさらに使用方法をしっかり守って使うことで効果的に安全に活用できるのです。

 

類似品もそうとう出回っていますので安価だからと使って体に害になると大変ですからね。

 

それとシックスパッドだけで痩せるのは無理があります。

 

食事制限や有酸素運動など併せながら効果的にダイエットしていきましょう。