生活

日焼け止めを塗らないとどうなる?将来後悔しないために知っておきたい事

目安時間 7分

日焼け止めは、1年を通して塗った方が良い

日焼け止めは、肌の負担になるので塗らない方が良い

 

これどちらもよく耳にしませんか?

しかし将来後悔しないためには、「塗ったほうが良い」と言う方を採用している人のほうが多いと思います。

 

日焼けをしないようにすることを気にするのはほとんど女性で、気にしているのは、シミしわソバカスですよね。

 

日焼けをしてあとでシミそばかすになるのは実体験しているので本当に理解できるのですが、日焼け止めを塗ることで毛穴が埋まると言うことも起こります。

 

どっちの方が肌に悪いのかと言われるといまいち確証が持てないんですよね。

 

今回の記事では日焼けや日焼け止めに関して

・日焼け止めを塗らないとどうなるか?

・日焼け止めの肌への負担

・日焼け止めの悪影響

・日焼け止めのメリット・デメリット

などをくわしくご紹介していきます。

 

日焼け止めを塗らないとどうなる?

 

日焼け止めを塗らないという選択は通常から塗っている私にとってもちょっと怖いです。

シミがただでさえ気になるのにこれ以上は勘弁です。

 

目に見えているシミだけでなく、肌の奥にはまだ見えない隠れているシミもでてきますよね。

 

紫外線をたくさん浴びた肌はくすみも引き起こします。

日焼けするとその時には肌がちょっと焼けているので色はわかりづらいですが、秋ごろになって色が落ち着くと、くすみが残ってしまっているのです。

 

さらに、目尻や口元にシワにもなってきますよね。

紫外線によって肌のハリもダウンしていき、目元や口元にはシワが現れます。

 

日焼け止めの怖さは、シミ・シワ・くすみ、これが発生するということ。

それに、若さのおかげでその場では出ていなくても、数年後の肌に出てくるということもあり得ます。

 

 

日焼け止めは肌に負担をかけ悪影響を及ぼす?

 

確かに日焼け止めのシワ・シミなども怖いですが、

日焼け止めの肌への負担が大きいということも実際に怖いのです。

 

日焼け止めが肌に悪影響と言われる理由は使われている成分なのです。

その悪影響の成分が見直されている日焼け止めも販売してきています。

 

その悪影響の成分は、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤というような成分もあるのです。

 

紫外線吸収材が使われた日焼け止めが良くないということですよね。

だから成分をチェックしておかないとです。

 

乾燥肌の人や肌の弱い人は紫外線散乱剤が使われた日焼け止めを使用する際、

スキンケアでしっかりと保湿ケアをしたほうが良いと思います。

 

肌が弱い人は日焼け止めを塗っただけで肌へ悪影響を受けてしまうこともあります。

日焼け止めは肌に強く当たるのです。

 

日焼け止めを使う方が良いのか、使わない方が良いのか意見が分かれるのは、この辺に理由があるんですね。

 

紫外線がシミの原因と考えれば、当然「シミを防ぐためには、日焼け止めを塗った方が良い」ということです。

 

紫外線に当たっても、お肌に問題が無ければ、そんなに簡単にシミや色素沈着にはならないので使わないという選択もアリです。

 

シミの本当の原因は、お肌の傷みですよね。

 

日焼け止めは、お肌の負担になるので塗らない方が良いというケースもあるわけです。

 

ですので、自分の年齢や自分の肌の状態によって個々が判断する事ということですね。

 

 

紫外線から肌を守るのなら日焼け止めは必須

 

単純に紫外線から肌を守るなら日焼け止めは必須ということになります。

 

シンプルにシミの根本的な原因は、お肌の傷んでいる部分に紫外線が当たる事なのです。

 

日焼け止めは、どんな物でも、どうしてもお肌の負担になるので、日傘や帽子、長袖の衣服や手袋など日焼け止めを使わない紫外線対策をしておくことですよね。

 

紫外線を受けた肌へ紫外線を吸収し、シミの元となるメラニンを生成します。

メラニンは、紫外線から肌を守る働きをします。

メラニンが増えると肌は黒くなるだけでなくシミやくすみを作り出します。

 

日焼け止めの肌への影響と紫外線の肌への影響とでは、

紫外線の肌への影響の方が圧倒的に良くないことが分かるので、よっぽどでなければ成分の弱めの日焼け止めを使っておきましょう。

 

ただ短時間外出などは、日傘や帽子、長そでの服などの対策でも大丈夫ですよ。

 

 

日焼け止めのメリットデメリット

 

日焼け止めのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

 

■日焼け止めのメリット

・シミ、そばかす、シワの予防

・紫外線吸収の予防

 

■日焼け止めのデメリット

・肌荒れ

・日焼け止めの成分吸収による肌の老化

 

日焼け止めを塗らないとどうなる?将来後悔しないために知っておきたい事のまとめ

日焼け止めは紫外線を吸収しないために重要な役割を果たします。

シミ・ソバカス・シワ・くすみなどのその時点の予防、将来の予防になります。

 

ただ、日焼け止めの成分は肌荒れになったり、肌に強く当たったりするのも事実です。

 

肌が弱っている時には日焼け止めは悪影響になります。

 

ですので、その時点での自分の肌の様子をチェックしておいてコントロールしておく必要があります。

 

短時間の行動であれば日傘や長袖、帽子などで対策をしておくのもひとつのコントロールになります。

   生活