生活

住宅ローン多めに借りる事は出来る?オーバーローンのメリット・デメリット

目安時間 7分

家を購入するとなると、まずは住宅ローンを考えますよね。

家を購入する時というのは、例えば土地代、建物代は最初にイメージが付くのですが、その後電化製品、家具などもろもろかかってくるんですね。

 

しかし住宅ローンを借りると言う時にはたいていの人が建物と土地代というイメージで計算すると思います。

しかし家具家電もけっこうな値段になりますからね。

 

その時に、住宅ローンを多めに借りることはできるのかということが気になりますよね。

 

今回の記事では住宅ローンに関して

・住宅ローンは多めに借りれるのか?

・オーバーローンに制限はあるのか?

・オーバーローンのメリットデメリット

などを詳しくご紹介していきます。

  

住宅ローンを多めに借りる事は可能なのか?

 

結論からいうと、住宅ローンを借りる時に、ローンを多く借りることは可能ではあるのですが、大手のところはできないと言うことが多いでしょう。

マイホームの購入費用以上の金額で、住宅ローンを多めに借りる方法のことを「オーバーローン」と言います。

 

不動産の購入にあたり、いくらかの自己資金を用意していることはまずあると思います。

 

この自己資金をこのまま手元において、自己資金分もローンで借り入れることで、自己資金分の現金を手元に残すことは可能なんです。

 

金融機関によっては、登録免許税(所有権移転や抵当権設定の費用)から司法書士手数料、ローン保証料、不動産仲介手数料まで貸してくれるところもあります。結局借入額が増えるだけですが、合法的なので大丈夫です。

 

しかし、ただ多くすると言うのは3000万円の物件を4000万円で買ったという契約書を

銀行用に別に作るというような事になり、不動産屋さんが違法をするということになります。

 

これは不動産屋もしたくないことでしょう。

ですので断られるケースが多いかとも思います。

 

オーバーローンは可能だが制限あり!

 

上記お話しましたが、オーバーローンはできるにはできますが制限があります。

 

住宅取得に関係ない費用まで含めて借り入れたり、融資金を別の用途に使ったりするのは契約違反であり、発覚すれば一括返済を求められる違法行為になります。

 

借り入れの際には通常、不動産会社などが発行する契約書など、対象となる費用の金額が記載された確認書類の提出が必要ですので、それが元になります。

 

住宅ローンに含めて借り入れができる主な費用としては、

・住宅ローンの保証料

・融資手数料

・不動産会社へ支払う仲介手数料

・登記費用

・印紙代

・火災保険料

・管理準備金

・外構工事費用

・水道負担金

・浄化槽設置工事費用

・住宅に据え付ける太陽光発電設備工事費用

 

などがありますが、これに関しては例えばであって、対象となるものは金融機関によって違ってくるので事前確認が必須です。

 

ちなみに私はこの部分は自己資金でやることにしました!

 

 

オーバーローンのメリットとデメリット

 

オーバーローンで出来る事を見てきましたが

ここではさらにメリット、デメリットを紹介しますね。

 

■オーバーローンのメリット

・手元にお金を残して置ける事

・希望の物件を逃さないように、すぐ手付できる

・住宅ローン控除の控除額が増える

 

■オーバーローンのデメリット

・月々の返済額や利息が増えてきてしまうこと

・住宅ローン金利が高くなる

・住宅ローン審査で不利になることが稀にある

 

こういうメリット、デメリットが考えられますね。

 

目先のことだけではなく将来も考えながら取り入れるかどうかは慎重に判断したり、FPに相談してみたりしましょう。

 

 

返済計画は無理をせず、余裕をもった資金計画が重要

 

よく住宅ローンのCMや借入のCMなどでも耳にするのが

「返済計画は無理をせず資金計画をしよう」という文言です。

 

私は家を購入して、住宅ローンも借りましたが、当初は早く返したいこととローンをあまり大きくしたくないことばかりに囚われていましたが、手元に現金を持っておくという余裕をもった資金計画が重要だとたくさんアドバイスをもらいました。

 

今となれば本当にそうだと思います。

もちろんローンの金額が早くに少なくなるのは嬉しいことなのですが、急な出費など人生には思いもよらぬところで金額が必要になってくる場面が往々にあります。

 

その時に手元に現金がないことが一番苦しいのです。

 

将来を楽観しすぎず悲観しすぎずに冷静に見通して余裕をもった資金計画を立てることが重要です。

 

まとめ

住宅ローンを組むときに、オーバーローンという仕組みがあります。

住宅に関わる諸費用を含めて借入をするのですが、それにはメリットとデメリットがそれぞれにあります。

 

取り入れることは、自分の将来や現在にとってメリットになるのかしっかり慎重に考える事が重要です。

手元に資金を置いておくことも大事、だけど負担が大きいローンも大変、このバランスが自分のこれからの人生設計においてどうしていくのが良いのか判断する、もしくはFPなど専門家に相談することがおすすめです。

 

ローンを組むときはどうしても目先をみがちなので、注意して余裕をもった資金計画を作りましょう。

    生活