洗濯

ワイシャツの黄ばみはキッチンハイターで落とせる⁉ハイター使用時の注意点

目安時間 8分

ワイシャツの汚れに困ったことありませんか?

そんな汚れにはキッチンハイターを使うと効果が効きます。

 

そんなキッチンハイターの使い方などを説明します。

 

こちらの記事ではワイシャツへのキッチンハイター使用に関して

・ワイシャツの黄ばみはとれるかどうか

・ハイター漂白で襟汚れが落ちるかどうか

・ワイシャツへ使用時の注意点

・ハイターによって黄ばみが出来る⁉

・ハイターでできた黄ばみを落とす方法

以上に関して詳しく記載してまいります

 

ワイシャツの黄ばみはキッチンハイターを使えば元に戻せる?

 

ワイシャツが黄ばんだことは、ありませんか?

黄ばみはそう簡単には取れないので困ります。

 

そんな時におすすめなのがキッチンハイターです。

一般的にキッチンで使うものなので驚きがありますが、洗濯用洗剤と比べるとその洗浄力が高いです。

 

ではキッチンハイターは、一般的な洗濯用洗剤と比べて洗浄力が強いのでしょうか?

それは、キッチンハイターに含まれる「界面活性剤」による効果です。

 

界面活性剤がどのような働きをするのかというと次の3つ働きがあります。

・浸透

・乳化

・分散

 

 

[浸透]

これは、衣服に水が浸透しやすくなる効果を発揮するものです。

衣服の繊維に浸透することで、繊維の奥にある汚れも取りやすくなります。

 

[乳化]

通常水と油は、混ぜてもやがて元通りの水と油に分かれてしまいます。

しかし乳化は、水と油を混ざった状態のままでいることです。

 

[分散]

例えば細かい粉末ですと、水に入れても水面に浮くことがあります。

分散は、この細かい粉末が水面に浮かずに水中に散らせることです。

 

3つの働きを持つ界面活性剤によって黄ばみを取ることができます。

 

キッチンハイターは、他にも漂白効果もあります。

つまり、汚れを取りつつ白く戻すことができるわけです。

 

白シャツは、問題ありませんが白色以外のシャツだと色落ちするので

その場合は違う洗剤を使った方がいいです。

 

キッチンハイターで漂白すれば襟汚れも落ちる

例えば夏など暑い時期になりますと、よく汗をかきます。

そうすると、襟汚れが発生します。

 

キッチンハイターを使えば漂白により襟汚れを落とすことができます。

 

なぜそういえるのかというと、漂白剤には、塩素系と酵素系があります。

塩素系と酵素系では塩素系の漂白力が強いです。

そしてキッチンハイターは、塩素系だからです。

 

そのため強い汚れには、キッチンハイターの漂白力が向いてます。

 

次にどのようにキッチンハイターで漂白していくのか説明します。

キッチンハイターをそのまま使うのは、良くないので最初は約0.05%に薄めましょう。

 

1:3Lの水とキッチンハイターを容器(バケツ等)に入れます。

2:そして、ワイシャツを容器につけます。

3:30分後、水洗いをよくした後乾燥します。

 

キッチンハイターで、漂白するときの簡単な注意として、キッチンハイターには塩素が含まれています。

そのため、窓を開けるなど喚起をすることをおすすめします。

 

塩素があるので、手袋をすることも推奨します。

強アルカリ性のため、皮膚につくと傷つく可能性があるので皮膚が弱いかどうか関係なく手袋をしましょう。

 

薄めても危険性があるので十分に注意しましょう。

 

ワイシャツにキッチンハイターを使用する際の注意点

 

キッチンハイターをする時は、注意しないといけないことがあります。

せっかく汚れを落とすつもりで、失敗したら嫌ですので見ていきましょう。

 

 

[洗濯用マーク(洗濯表示)を確認する]

ワイシャツにタグが付いていますが、タグにある丸や四角などのマークが洗濯表示です。

洗濯表示は、洗濯する際の注意点を示すものです。

 

この洗濯表示に三角のマークがありましたら、漂白に関することです。

 

三角マークのみ:塩素系も酵素系も漂白できる

三角マークに線がある:キッチンハイター含む、塩素系の漂白できない

三角マークにバツがある:塩素系も酵素系も漂白できない

 

[ワイシャツ着る時に日焼け止めを控える]

なぜ日焼け止めがだめなのかというと漂白剤でピンク色になるからです。

 

もし、ピンク色になったらどのように対処するのでしょうか?

ピンク色になったところに、液体洗剤をつけて5分~15分待ちます。

その後、水洗いをしてピンク色が落ちたら終了です。

 

もし、ピンク色が落ちていない場合は、最初(液体洗剤をつけるところ)からやり直しましょう。

 

ピンク色にならないようにするには、日焼け止めを塗った時は酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

 

キッチンハイターでできた黄ばみを戻す方法

キッチンハイターを使ったら逆に黄ばみができたことはありませんか?

 

どうやって戻すのかというと「ハイドロハイター」を使います。

漂白によってできた黄ばみを取る効果があります。

 

花王のサイトでもこの方法が推奨されています。

まずハイドロハイターと40度ほどのお湯を容器に入れてよく混ぜます。

ワイシャツを容器に入れて、30分から1時間待ちます。

 

こうしたら、黄ばみが白さが戻っていると思います。

 

白く戻る理由は、還元による影響だからです。

つまり簡単にいうと酸化の逆の反応で、酸素を失うことです。

そのため、白く戻すことができます。

 

 

まとめ

 

キッチンハイターは、ワイシャツの汚れを落とすことにも使えます。

強力な洗浄力があります。

 

しかし、気をつけるべきところもあります。

注意をする点を理解してキッチンハイターを使えばいい効果になるでしょう。

 

 

最近のコメント