生活

ファスティングの準備食にオートミールを食べても大丈夫?

目安時間 7分

ファスティングダイエットが巷ではかなり流行していますね。

イメージとしては食を抜くのできつそうな感じを受ける人もいるのではないでしょうか。

 

でもこのファスティングはダイエットにも有効的なのですが、体の調子を整える、胃腸の調子を整える意味でも効果的だと言われています。

 

それにファスティングといっても完全に前食抜くのもありますが、補助食はOKとか、一日だけのやり方から1週間というハードなやり方もあります。

 

ファスティングと一言でいってもやり方はけっこうさまざまあるので自分に合ったやり方を見つけるのが良いと思います。

 

私自身も小さな子供がいるため、食べないことは子供にも良くないと思うので

なかなか取り組めなかったのですが、昼だけなどの方法もあって、できる範囲でやってみています。

 

今回の記事ではファスティング前後の食事に関して

・ファスティングの準備食について

・準備食はいつから始めるのか?

・準備食でおすすめのもの

・食べても良いもの

などを詳しくご紹介していきます。

 

ファスティングの準備食にオートミールを食べても大丈夫?

 

ファスティングの準備食にオートミールはOKなのか?いう問いには、OKですと言う答えです。

 

良いかどうかというよりむしろオートミールは準備食として推奨されています。

 

準備食というのは、体にとって必要な栄養素をちゃんと摂取している状態で、本番に際して体を慣らしていく準備期間です。

 

日常生活では食事の消化と吸収の運動をひたすら一日続けていますよね。

それって胃腸が疲れることなんです。

だからこの内臓を休めましょうというのがファスティングなんですね。

 

休める事で、本来の機能に目覚めさせて、老廃物を排出するデトックスの機能が働くようにする期間のことなんです。

 

ですので、準備食は、体に、胃腸に優しいもの、消化しやすいものというのをチョイスするのがおすすめなのです。

 

オートミールが準備食に向いている理由

 

オートミールが準備食に向いている一番の理由は栄養価が高いことです。

カルシウム、鉄分、ビタミンなど様々な栄養素が含まれていますが、特にたんぱく質と食物繊維の含有量が多い。

 

栄養素を少ない量で取れるのと、消化に良くて食べやすいので向いているのです。

 

栄養素を摂取しながら、だんだん優しいものに変えられて、少ない量でも満足できて・・という風に移行期間にあまり辛い気持ちにならないで済むのです。

 

断食というのは、ちょっと胃を小さくしておかないと空腹感が辛くて仕方がないので、整えるためにオートミールが向いていると言うわけですね。

 

 

ファスティングの準備食はいつから始めればいいのか?

 

ファスティングの食事は、

①ファスティングに入る前に体を慣らす準備食

②固形物を一切摂取しないファスティング

③体を元に戻していく回復食

 

この3段階を経ます。

 

ファスティングの準備としては、ファスティング本番と同じ日数くらいあると理想です。

3日間ファスティングするなら、3日間準備食にしましょう。

 

ファスティング自体は体調がなるべく優れている時がいいので、生理前後などは避けたほうが良いですよね。

 

月間の体の調子を自分で考えて、ファスティングできる3日間を設定して、その3日間前から準備食を始めるというプランが良いでしょう。

 

一番体調がよさそうな週をチョイスすることをお勧めします。

 

 

準備食として他に食べてもいいもの

 

ファスティングの準備食として大事なのは栄養価です。

栄養価を優先順位の高い項目に持ってきて考えましょう。

少ない量でも栄養価をたくさん取れるものをなるべくチョイスします。

 

準備食としてオートミール以外にお勧めの物を紹介します。

・ヨーグルト

・玄米ご飯

・野菜が多い味噌汁

・温野菜サラダ

・おかゆ

・うどん・そば

 

消化が良く、胃腸に優しく、栄養価の高いものです。

そして急にヨーグルトだけだと辛い場合は、ヨーグルトサラダとか、組み合わせて作ると良いですよ。

 

野菜が多い味噌汁などは一番作りやすく栄養価も高く、満足度も高いかも!

 

なるべく温かいものにして体を冷やさないことを少し念頭に置くと良いかもしれません。

 

炭水化物でも、お米を玄米にするとか、お米ではなくうどんそばにするなどの工夫も良いとされていますよ。

 

まとめ

ファスティングには、準備期間、本番、回復期が必要とされます。

無理なくできるのは、準備期間3日、本番3日と考えると始めやすいです。

 

準備期間には栄養価が高いもので、消化に良い優しいものを食べるようにして、体を慣らします。その間に、少量でも大丈夫な胃腸にしておいて、本番に臨みましょう。

 

オートミールは栄養価が高いのでお勧めです。

その他には、温野菜サラダ、野菜たっぷりの味噌汁、温野菜サラダ、玄米ご飯などがおすすめです。

 

ファスティングを成功させるためには、準備食がとても大事になってきます。

この準備食で胃腸を整え、本番で、リセットして内臓を休ませるのです。

 

それにより心身ともにリフレッシュできて老廃物の排出しやすい体も整いますよ。