家事

ジェラートピケの寿命はどれくらいあまり長持ちしない?

目安時間 8分

ジェラートピケ、略してジェラピケ!

女子ならほぼほぼ着ている、知っている、見たことがある!のではないでしょうか。

 

私自身もプレゼントとしていたっだいた事がありますが

ふわふわモコモコなのにシンプルなデザインで、とても可愛く重宝しております。

 

ただ重宝するからゆえの問題にもぶつかります…。

 

「あのフワモコ感がなくなってる!!」

「毛がぺったんこや…」

 

今までの部屋着なら、あまり気にしなかった感触と言いますか、着心地といいますか

肌ざわりといいますか。そのへんが気になってきちゃうんです。

 

元が良いから尚更!!

 

そこで今回はジェラピケを少しでも長持ちさせる方法など調べてまいりました!

ポイントは「お洗濯!!」でございます!!

 

洗濯を制する者はジェラピケを制するといっても過言ではないでしょう。

長持ちしないのは素材や伸びやすさが原因?

まずは考えられる長持ちしない理由をあげていきます。

 

・素材が長持ちしないものを使っている。

ジェラピケで使われている素材は

 

ジェラート、スムーズィー、パウダー

スフレ、アクアドライ

と呼ばれるものたちです。

 

各素材別にいくと

ジェラート

ジェラピケの冬定番。

毛足が長めで柔らかく、暖かい素材。

 

スムーズィー

毛足が短めで薄手、春夏の定番。

スルスルとした気持ち良い肌触りの素材。

 

パウダー

毛足は短めですが、モコモコで暖かい素材。

吸水速乾機能がついている。

 

スフレ

ふかふかで気持ち良い素材。

保湿性が優れている。

 

アクアドライ

ふわふわだけど蒸れない。

吸水速乾機能がついている。

 

これらの素材は、どれも肌触りがよく、フワモコ感も最強なのですが

寿命も短いなぁと思います。(あくまで個人的な見解です!)

 

・着方、扱い方が悪い

ジェラピケは部屋着で尚且つ可愛いので

着つぶしちゃう位に着たりしちゃいませんか?(笑)

 

ですがその愛ゆえに、着たり脱いだりして無意識に

伸ばしたりしてしまうので、やはり劣化が早まってしまいます。

 

・洗濯の仕方が悪い

使っている方なら、もうお分かりかと思うのですが

洗濯方法をきちんとしないと、割とスグにジェラピケの良い所が

消滅してしまいます。

 

ジェラートピケの寿命を延ばすポイントは洗濯方法

着脱の時の伸縮はもうどうにもなりません!

だって可愛いんですから。そりゃいっぱい着ちゃいますもの。

 

だからこそ、正しい洗濯で生死が分かれるのです!(笑)

 

忘れてはいけない鉄の掟は「優しく手洗い!」

そして更に言うならば「ネットに入れたジェラピケを手洗い」です。

だがしかし、「手洗い馴れしていないなら洗濯機の方が良い!」

 

手洗いバージョン

まず、大きい洗面器などにぬるま湯を張り、

中性洗剤を溶かしておきます。(お湯の温度は約30℃)

※中性洗剤は「ボールド」や「ファーファー」でOK!

 

そこにネットに入れたジェラピケを浸し、ゆっくり優しく手で揉み洗い。

その後、柔軟剤を入れ再び揉み洗いします。

十分に洗えたら、ぬるま湯を新しいものに変える。

洗剤と柔軟剤が落ちるまで何度もやさしく

お湯をかえながら洗い落とす!!

洗剤と柔軟剤が充分に落ちたらネットから取り出す。

水気を優しく絞り、乾いたタオルで完全に

水気が無くなるまでポンポンします。

干し方は、ハンガーNG!

平らな台や物干しネットに広げて、平干しに。

乾いたらOK!!

 

ザっとこう書いただけでも「めんどくさっ」となってしまってる方、

そんな方は洗濯機を使っちゃいましょう!!

「えーでも手洗いが良いんでしょ?」と思うかもしれませんが

手洗いって簡単そうに見えて、割とデリケートな作業なのです。

それを嫌々やってしまったり、「えええい、やっちまえい」と乱暴にしてしまうと

逆に生地が傷んでしまうのです。

 

ということで次は

 

洗濯機バージョン

まず用意するものは「おしゃれ着用洗剤」!

型崩れを防いだり、素材のふんわり感を維持できます。

※手洗いバージョンで紹介していた「ファーファー」「ボールド」「エマール」でOK!

 

そして次に洗濯ネット!!

洗濯ネットに使わないと他の洋服と絡まってしまったりして

伸びたりするので、必ず使ってくださいね。

 

そして更に、干すときは平干しネット!!

普通の衣類と同じようにハンガーで干してしまうと

自重で伸びてしまったり、肩の部分が伸びてしまうのです。

 

この3アイテムを使って洗濯してしまえばOKです!!

 

または「どうせ洗濯機を使うなら洗濯機のベストでやりたい」ということなら

 

ルームウェアを裏返しにして畳む。

それを崩さないようにネットに入れます。

洗濯機のコースは《手洗いコース》

または《ドライコース》の優しく洗えるコースを選択!

お洒落着用洗剤・柔軟剤を入れて洗濯開始。

洗濯が終わったら平干しネットで干す。

OK!!

 

「それさえも面倒くさい!!!」ということなら

もうクリーニングへGO!!

 

リファイン加工をお願いします」と伝えてお願いしちゃいましょう!

※リファイン加工=柔軟仕上げ

 

まとめ

・フワモコ素材はデリケート素材なので傷みやすい!

・洗濯を制する者はジェラピケを制す!

・見栄を張らずに、自分に合った洗濯方法を選ぶ

最近のコメント