ドラマ

桜の塔最終回(第9話)キャストや考察や感想結末は意外な展開に

目安時間 8分

前回第8話は思った以上に展開が早いな~

なんて思いながら見終え次回予告を眺めていると

そこには最終回の3文字が⁉

 

10話くらいまであるものだと思い悠長に構えていたのですが

まさか9話目で結末を迎えるなんて、ビックリしました

 

しかし決まっている事なので仕方ないですし

いよいよ迎える最終回、誰が警視総監になるのか

そして上条はどうなってしまうのか

 


こちらでは桜の塔

・前回第8話のおさらい

・最終回のあらすじ

・最終回の感想、口コミ

などを記載しています

 

U-NEXTなら桜の塔など今季の春ドラマの

見逃し配信が楽しめます。

最終回を迎えるこのタイミングで

気になっていたドラマを一気見するのもいいですね



本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

 

 

桜の塔第8話の内容振り返り

千堂が刺されるという衝撃的なシーンから始まり

思わずここで千堂退場かと思いきや

入院先の病院で思いのほか元気そうな姿でいる千堂

 

千堂を刺した刈谷は逃走しクラブSに匿われている

 

漣の父親に関してなど様々な事を知り過ぎている

刈谷を誰もが確保したがっていたなか

クラブSからのさらなる逃亡中に刈谷が射殺されてしまう

 

そんな中、上条は千堂、吉永、権藤の3人を呼び出し

一堂に会する機会を設ける

 

上条は刈谷が隠し持っていた、吉永と刈谷の音声データを

その場で公開し、吉永を糾弾していく

それにより吉永は警視総監への出世レースを降りる事となる

 

上条と千堂の関係が綴られた日記を読んでしまった優愛は

上条に離婚届を突きつける

 

夫である漣と父親である千堂の間で揺れ動き、

肉親である千堂を選ぶ

 

刈谷の射殺に使われた拳銃が河川敷から発見され

その拳銃には蒲生の指紋が付いていた

 

爽達、捜査一課が蒲生を重要参考人として

確保に向かうが過去の経験からか蒲生は逃走を図る

 

廃校へ逃走した蒲生だったが、蒲生を追いかけ刑事たちも

そこへとたどり着く

 

爽が必至に説得を試み、何とかなるかと思われた矢先

蒲生の死角で待機するSATを爽が発見してしまう

 

蒲生もSATに気づき、そちらに気をとられた瞬間

廃校の屋上から足を滑らせ、蒲生が転落してしまう

 

蒲生を利用した事を千堂に問い詰める上条

事態は最終局面を迎え最終回を迎える事に

 

最終回(第9話)あらすじ

次期警視総監の座を狙う副総監・千堂大善(椎名桔平)を失脚させると誓って5年――。息をひそめ機会を狙い続けてきた上條漣(玉木宏)は、新派閥「改革派」を立ち上げ、千堂にふたたび宣戦布告。そんな中、千堂を襲った元警察官で、漣の父親代わりでもあった刈谷銀次郎(橋本じゅん)を殺害した犯人に仕立て上げられ、廃校の屋上へ逃げ込んだ元銀行強盗犯・蒲生兼人(森崎ウィン)が、SATの狙撃をかわそうとして転落。意識不明の重体に陥った!そもそもは千堂が、蒲生を射殺して被疑者死亡で事件を終わらせようとしたのだろう…。そう確信した漣は、千堂に「また得意の妄想か」と一蹴されるも、一分も怯むことなく「あなたを倒すため悪魔に魂を売った…。なぜ5年間も沈黙を続けたのか、その答えがもうすぐ明らかになる」と宣告。私利私欲のために権力を求め、入庁以来“サッチョウ(=警察庁)の悪魔”と呼ばれてきた千堂。そして、“本来あるべき警察の姿”を取り戻すために“サッチョウの悪魔”となった漣――2人の“最後の闘い”がついに始まった!
ところがその矢先、よもやの事態が起こる。秘密裏に刈谷殺しの捜査が行われる中、ある意外な人物が自首したのだ!混乱を極める警視庁。漣の幼馴染である警視庁捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)は、裏で漣が一枚噛んでいるのではないかと疑い、真実を解き明かすため、取り調べを開始する。
5年の歳月を経て明かされる、漣が沈黙し続けた理由、そしてこれまでに起こった全事件の真相。さらに、最後に警視総監レースを制する人物とは一体…!?登場人物それぞれの“正義”がしのぎを削る中、次々と押し寄せる驚天動地の新展開。前代未聞の警察ドラマ『桜の塔』、ついに完結!

桜の塔公式サイトより引用

 

 

桜の塔 最終回感想・口コミ

 

意識不明の蒲生痛々しいな

 

そりゃ富樫もあんな光景目の前で見たらショックだろうよ

 

富樫還ってきた、蒲生の決定的アリバイ持参って偉いよね

 

関さん良いタイミングで出番がきてる

 

最後の最後で優愛が自首するという展開

どういう事になるかな

 

日記を使って優愛が犯行に及ぶように

仕向けていった。上条の自作自演なのかな

 

色々知ったうえでもう一度一話から見直すと

違って見える部分も出てくるんだろうな

 

優愛が前回離婚しようと切り出したのも

全ては漣を守るためだったとは

 

優愛のマインドコントロールすら

計画の一部なんだろうな~

この後何を切り出してくるんだろ

 

またSDカード出てきた!

千堂が優愛を庇った決定的証拠

 

色んな事が全部繋がっていくんだね

 

ここにきて鋼太郎さん活躍の場が

 

巻き込まれた蒲生や優愛が痛々しい

 

最後はどんな風に終わるのか

 

父親の件は解決したけど

漣は千堂の跡を継ぐ結果になったんだね

 

ドラマとはいえ、みんな自由に発砲し過ぎじゃないの?

 

なんだかあまりにも薄味でさっぱりし過ぎの終わり方

 

 

 

最近のコメント