生活

市販のクレアチンに賞味期限はあるのか摂取すると太る?副作用は大丈夫?

目安時間 7分

最近、クレアチンの情報が飛び交うようになりましたね。

これはおそらく、体を鍛える人が増えている、健康志向により筋肉の増加、筋力の増加を求めている人が増えているということですよね。

 

近年、プロテインも男女関わらず飲んでいます。

アスリートだけでなく、一般の人も常時に飲みたいため、飲みやすい物が開発されたり、付随しておしゃれなカップなどの売れ行きも好調!

 

そして今クレアチンという昔はあまり耳慣れなかったものも、売れ行きが好調です。

そしてアスリートに好まれていたものが、一般にも売れてきている状況です。

 

このクレアチンを家庭で飲む人向けに今注目されている市販のクレアチン、

賞味期限や副作用、クレアチンが含まれる食材などはどんなものがあるのでしょうか?

 

まずは、そのクレアチンの賞味期限を調査してみました。

 

市販のクレアチンの賞味期限は、ほとんどの商品が2.3年と書かれています。

実際はもう少し長く大丈夫なのですが、一応体内に入るものなので、決めてあると言う感じでしょうね。

ただし保管を適性な場所でしておくことはマストです。

涼しくて湿度が低いところに保管しておくことで、長期間の保管が可能です。

市販のクレアチンは保管さえ適していれば保存に関しては家庭でも全く問題なさそうですね。

 

 

クレアチンを摂取すると太る?

 

プロテインもそうですが、クレアチンも摂取すると太るイメージありませんか?

私はあるので、ちょっと始めは抵抗感でした。

 

そう、始めは!というところがポイントです。

長期間、長い目でみればこの体重の増減は全く気にすることではないと言うことがわかります。

 

要するに確かに体重として数字は増えるのです。

 

しかしその増えているものは、水分と脂肪以外の増加なのです。

つまり、脂肪以外とは骨や筋肉などの重さが増えているということ。

 

ということは、結果、筋肉が増え、筋力が増えれば健康にももちろん良いし、代謝もよくなるので、体つくりの段階でクレアチン摂取して体重の数字が増えても、のちのちのダイエットでは代謝が良くなっているので痩せる事はできるのです。

 

それに体重の数字が増えたとしても、クレアチン摂取と同時に運動をしているなら見た目は痩せる、締まることができるのではないでしょうか。

 

もともとクレアチンとは、運動のパフォーマンス向上がメインの効果です。

アミノ酸の一種であるので、筋肉を増加させたいアスリートが使っていたものなんですよね。

 

ちなみにこのクレアチンは脳機能の改善にも良いとされています。

 

運動などをするときには、ATPが分解される時にエネルギーが使われています。

そして体内のATPの量には決められた量があり、限界が生じてくるのです。

運動をずっとし続けるのには、ATPを再合成する必要があるんです。

 

そしてそのクレアチンというのがATPの再合成に関わる成分になっていて、エネルギーを増加させてくれる働きがあるんです。

 

だから、ずっと運動をし続ける、毎日の運動が仕事になっているアスリートたちが摂取したりするということなんです。

 

 

クレアチンに副作用はあるのか?

 

クレアチンに副作用はあります。

副作用の種類としては、

・体重増加

・腎機能低下

・浸透圧性の下痢

・食欲増進

・発汗

・胃部不快感

・眠気

 

などがあります。

ちょっと怖いなと思う部分もありますが、飲み方さえ謝らなければ大きな副作用は出ないでしょう。

 

飲み方としては摂取量は守ることと、ゆっくり飲むというのが良いみたいですよ。

 

 

 

クレアチンを含んだ食材にはどんなものがあるのか

 

クレアチンを含んだ食材にはどんなものがあるのでしょうか?

・ニシン

・鶏肉

・豚肉

・牛肉

・サーモン

・マグロ

 

これらに多く含まれると言われます。

 

つまり肉や魚に多く含まれているのですね。

 

単純に肉や魚は昔から血や肉となると言われていますので、それはクレアチンが含まれているからということですね!

 

クレアチンは、運動能力の向上、健康増進、筋肉の増量、疲労回復などを求めている人に助けになるものになるのです。

 

ちなみに、クレアチンはATPの再生に利用され、ATPは筋肉や脳細胞のエネルギー源となるものなのです。

ですから、成長期など、エネルギーが多く必要とされる際にクレアチンの能力が低下すると、身体的・精神的な発達不全の原因となることがあります。

 

だからこそ、肉や魚としっかり食べましょうと小さいころから推奨されているのだなと感じました。

 

まとめ

 

クレアチンは、筋肉増加、運動パフォーマンスの向上、脳機能改善などの効果があります。

 

クレアチンの賞味期限は、2.3年で、涼しい日陰に保管することを推奨されています。

 

クレアチン摂取は筋肉をつけるので、体重が増加するのも事実ですが、体脂肪以外の骨や筋肉の増加による体重増加なので、健康には良いものです。

 

クレアチンを多く含む食材は、主に肉や魚ですね。

 

クレアチンには多少の副作用はありますが、飲み方を守って上手に付き合っていくことで健康増進に繋がるということです。