生活

ファスティング中頭痛に襲われるのは効果が出ている証拠って本当⁉

目安時間 7分

ファスティングにチャレンジしたことがある方、使用と思って色々調べている方は、ご存じだと思いますが、ファスティング中はよく頭痛になる人がいると言う情報です。

 

これは稀でもなく、けっこう頻発しているんです。

 

なんとなく頭痛が起こりそうなのもわかる気もしますが、それが良いのか悪いのか・・。

 

例えば体が痛くて整体に行った後、熱が出たりするのが好転反応だと言われることもありますよね?それと作用が一緒なのか?

 

今回の記事ではファスティング中の反応に関して

・ファスティング中の頭痛は良いのか悪いのか?

・襲われたときの対処法・原因

・好転反応の内容

などを詳しくご紹介していきますので

何か反応があったときの参考にしてくださいね。

 

ファスティング時の頭痛は良い事?悪い事?

 

ファスティング中の頭痛は、良い事だと言う時もあるし、悪いことだと言う時もあります。

その時の症状の出方によって見極めが必要なのです。

 

良い時というのは、みなさんご存じのように好転反応ですよね。

好転反応とは症状が改善する段階で一時的に起きる症状のことです。

 

ですので、この好転反応の時は、辛いですが良い状態、ファスティングの効果が出ている状態だと考えてもOKなのです。

 

しかし、悪い頭痛というのもあります。

それは、空腹による低血糖による症状です。

低血糖になっているならそのまま無理して継続させると体に無理がかかり危険な状態なのです。

低血糖頭痛なら即刻ファスティング中止、好転反応であれば継続ということなのです。

難しいのが見極めですよね。

 

好転反応の時は、頭痛だけではなく、眠気やぼーっとした感じなども一緒に襲われる感じなので、一つの症状だけでないことが多いのです。

 

対して低血糖の頭痛は、頭痛のみであり、結構な痛みで顔色も悪い傾向にあります。

 

正直見極めは難しいと感じます。

私は普段からの片頭痛持ちなのでなんとなく痛みの種類がわかりますが、あまり頭痛になれていない人は難しいかもしれません。

 

頭痛に襲われる際の対処法

 

ファスティングにより頭痛に襲われた時の的確な対処法を紹介します。

 

①水分を摂取する

 

ファスティングの頭痛は老廃物を排出すると収まってきますので、水分を取りましょう。

一気に摂取するのではなくて、少量をこまめに継続して補給することがおすすめです。

 

②睡眠、体を休める

 

頭痛の場合は、なるべく暗くて静かな場所で休むことが良いでしょう。

そして睡眠はいつもより少し多めに取りましょう。

7~8時間は確保を意識してください。

 

ただ、寝すぎるとこれまた頭痛に繋がりますので、適度を心がけてください。

 

③半身浴をする

 

半身浴をして適度な汗を流しましょう。

 

ちょっとぬるま湯にして必ず半身にしておきましょう。

 

暑すぎたり、長く入りすぎたりすると頭痛もひどくなるかもしれないので、なるべき頭痛がおさまっている時にゆったりとした気持ちで入れるようにしましょう。

 

④栄養ドリンクの少量摂取

 

少し糖質を取る意味で栄養ドリンクを摂取です。

低血糖に近い場合はこの摂取で少し楽になります。

砂糖の類ではなく、ブドウ糖で糖を摂取することをお勧めします。

 

ファスティング中頭痛が起こる原因

 

ファスティング中に頭痛が起こる原因を紹介します。

空腹による血糖値によって頭痛が引き起こされています。

 

食事をとらなくなり、血糖値が急に低下することで頭痛になるんですね。

血液中の血糖の低下を補うために、血液中にケトン体が大量の放出されることで頭痛や眠気、倦怠感などが起こっているので、これは好転反応だと言えるのです。

 

しかし、顔色が悪くなっていた李、あまりにも頭痛がひどすぎる時は、危険な低血糖の恐れもありますので充分留意してくださいね。

 

ファスティング中に起こるその他の好転反応

 

ファスティング中に起こる好転反応で頭痛意外の症状をお伝えしますね!

 

弛緩反応として、倦怠感、強い眠気、発熱、など

過敏反応として、痛み、かゆみ、炎症、便秘、下痢、など

排泄反応として、吹き出物、発疹、目やに、尿量が増える、尿の匂いの変化

回復反応として、発熱、頭痛、吐き気、動悸 など

 

こういう反応がありますが、怖いですよねなんとなく(笑)

 

まとめ

 

ファスティング中は、頭痛が起こりやすいのです。

食事を抜くことでの低血糖状態に近い感じになるからです。

その時には、休息や、水分を取ること、栄養ドリンクを補給するなど行ってください。

 

低血糖でも危険なことがありますので、見極めをちゃんとして危険そうなら途中でファスティングをやめておくようにしましょう。

 

他に好転反応としては、

倦怠感、発熱、吐き気、眠気、下痢、吹き出物とさまざまなものがあります。

ちょっと辛いですよねそのような症状も・・。

でも山場を超えれば、体がスッキリして、老廃物がしっかり出されるので、むしろ体調は良くなってくるのです。

 

無理をせず、体と相談しながらファスティングを進めていきましょう。

 

好転反応だとしても続くと辛いですので、無理せずにしていきましょう。